« 贈り物 | トップページ | 弓敗れたり »

ほにゃらら論

そういえば、昔本を読んでいてふと思ったことを思い出した。

大学の先生、研究者の書いた本は大概面白くない。

本棚にある、僕が読んだものをザーッと振り返ってみるとそんな感じがした。
これらは大概、研究結果を元に「~~なことができるだろう」という予想や期待、妄想なんかが書かれてある本だ。
理論理屈も立派で、合点の行く部分も多いけど、読み進めていくと、人の頭で考えられることって狭い世界だなぁという感想が出てくることが多い。
何より、知識の生かし方の記述まで予想で書いているところが面白くない原因のような気がする。
実際にその知識を使った感想を書いてもらわないと、現実味がさっぱりない。

というわけでお勧め記事→今度こそ
お勧めじゃない記事→降ってきた 沈黙スタンコンボ

|

« 贈り物 | トップページ | 弓敗れたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほにゃらら論:

« 贈り物 | トップページ | 弓敗れたり »