« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

革命(つづき

ただ今のPT
槍5 斧3 予言1 60lv前後でございます。

まず、むだっぽいのは予言のパッシブ。
通常戦闘では優秀なのだが、リーグでは+補正がほとんど掛からないようで回復量が大してない。
次に、ずっと俺のターンには程遠いこと。(気づくの遅くね!?
斧3入れば常に前列を凍らせれる。
毎ターン冷機の斧を撃てば氷の溶けるターンがないため、ガードで前列に行動を回されることがなく、前列は大量の行動力をもてあましたまま立ち尽くすこととなる。
そして、電撃の槍で中、後列の行動を奪取するプランだが、2ターンの内に中、後列から奪える行動力は(60+60)*5=600。
これでは6人止めることは到底無理。
3人か4人がいいところだ。

続きを読む "革命(つづき"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

革命

前の記事を書きながら、思いついた革命的PT

槍6斧3 or 槍5斧3予言1(教訓無視

僕の頭は「スタン強いスタン強いスタン強い・・・・」とカチコチになっていたようだ。
僕的にはこれはすごく良い閃きなんだ。
何がすごいか説明しよう!

続きを読む "革命"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ずっと俺のターンNew

今度は氷を使わずに、しかも前回苦手としていた魔女にも通じるようなずっと俺のターンPTを作ろうとしている。
ただ今の構成は槍5銃3弓1で、傭兵のlvは45あたりでございます。
弓はいずれ預言者に変え完成。

・・・・の、つもりだった。

続きを読む "ずっと俺のターンNew"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これってこういうこと

ところで、行動力が100溜まってないのに動けることってあるよね。
これってこういうこと!

行動力が100以上のキャラが1つもいない時、行動力が0以上の行動力がもっとも溜まっているキャラ1人は行動できる。
凍っているキャラも対象に含まれるが、凍っているので実際に行動することは不可。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

将来性

行動力不足を狙うPTが如何に強力か、簡単な理屈をペラペーラ。
そんでもって、こういうPT編成に興味を持ってもらえれば、僕がいろいろ書くより効果的だなと思った。

1.こちらの攻撃は少しでも、相手がまったく攻撃してこなければ勝てる。
2.単純計算すると、相手の行動力はマイナス

1は、当たり前!
2はちょっと計算を書いてみる。

相手の行動力平均を80、常に3ターンのうち2ターンスタン状態を繰り返し、電撃での行動奪取量を56、槍4人(1ターンに2発撃てる)とする。
3ターン単位で考えると、相手の溜まる行動力は80、万遍なく電撃の槍をあてると1人には2発あてれるから行動力-112。
つうわけで、80 - 112 = -32。相手の行動力は大幅にマイナスになる計算。
序盤をしのげば、あとはずっと俺のターン!

ところで、行動力が100溜まってないのに動けることってあるよね。
あれってどゆこと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とった動画(続き

動画の載せ方わかったから乗せとくよー

昔の自分、序盤の電撃の撃ち方がまだ甘いね。
それと、これは仕方ないけど2ターン目左下へ砲兵の攻撃ミスが出たのが非常に痛い。
おかげで覚醒を真ん中にうたれて、僧侶へのスタンが1ターン遅れてしまった。
んー、それから、相手の電撃の槍で少しこっちの動き方に狂いが出てきてるわ。
左前のばい菌に氷を撃たせてあげたいのにね。
斧は1でいいなんて言ってたのはこれのせいかw
これは槍に変えてもあかんわ。

そうだな、あとは動画をもう少しきれいにとりたいなぁ
何でとるのがいいんだろう。
それにしても、次は何撮ろうかな、弓のナイスやられっぷりでも撮っておこうか・・・
なんだかこの動画見てたらちょっと悲しくなってきたw
今じゃ6級よ・・・・フッ

動画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洞察連打マジヤバイ

やばい、砲兵マジイイ!
サブが現在60lv。
破滅音+洞察連打をすると、適正MOBが2ターンで沈む。
敵が全部同時に倒れるのは結構快感w
さらに、なんといってもコマンドが楽!!
魔法防御の高い相手には、仕方がないからしぶしぶ通常攻撃。
通常攻撃もまぁまぁ強いから、まぁいいじゃないの!!

だがしかし、通常攻撃も、スキルも範囲の広い砲兵は、単体へのダメージが低く、ボスのように単騎能力の高い相手が苦手。
特に、飛んでるボスとかホント勘弁してください。

Atlantica_20090331_173410828 

 

←この後、無事倒しクリア。
  いやぁ、ギリギリよ。危なかったわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »