« 何度も言うけど、崩れ落ちたスタン構成 | トップページ | そういう僕はこんな構成 »

純粋な火力勝負~流行の推測

純粋な火力勝負についての話。
火力が大きいといえば全体攻撃スキル、DOTスキルがそれだが、加護で妨害されることを考えると、どちらも使い時が難しい。
通常攻撃を主軸に構成を練れば加護に妨害されることはなく、安定した攻撃を加え続けることができると思う。
この戦法でいくなら特に警戒しなくてはならないのは姫の攻撃ダウン系のスキルと、スパの咆哮だ。
こちらにも、卑弥呼、僧侶、闘士、の面々を入れておこう。
特に回復パッシブを持つ僧侶、火力に期待できる闘士が火力勝負に持ち込んだ際に大きく貢献してくれると思う。

攻撃の際には相手に手数を取らせようとして広範囲に通常攻撃をする必要はない。
相手はどうせ無駄に加護を撃ってくれるので、こちらから小細工を加える必要はない。
何かと心配性なのが2僧使いの特徴だ(嫌味)。
総火力の高い通常攻撃といえば砲、銃、斧、チェンソ辺りに落ち着くだろう。
相手が咆哮、攻撃ダウンスキルを使ってきたら、ファランや予言のバフを消してでも異状を加護で消したいことがよくある。
補助バフは加護で消えるものと考えて、はじめから入れないのも手だ。

今思えば、昔はセトが流行っていた。
「予言のパッシブとセトの組み合わせ相性よすぎ ツエーツエー」の時代があった。
次には退魔との連携スタンが流行った。
なぜかスタン+退魔+電撃の槍は流行っていない・・・不思議。
銃にセトを掛けて、スタンとセトを合わせた構成なんかもかなり多くあった。
次に、「破滅音のダメでけぇ」ということで、ギターもかなり流行った。
それと同時期に2僧が流行った。
この頃から特に、沈黙、咆哮、などの状態異状をよく見るようになった気がする。
・・・・この流れを見ても2僧構成の直接の起因は状態異状への対策のためと考えていいと思う。
通常攻撃ダメージへの対策は甘い。

そこで、ドルイドのバフだが、かなり攻撃性能が上昇するうえに、セトと重ねがけもできる。
セトと同様の効果ではなかったみたいだ。
誤情報サーセン、記事に訂正入れときます。
ドルイドのスキルを掛けておくと攻撃性能がUPするだけでなく、通常攻撃の一番の天敵スキルだった咆哮での連打率ダウンを防ぐことができる。
なので、状態異状を消すために加護を掛けて補助バフを消してしまうという状況が非常におこりにくくなった。
ドルイドのバフ、予言、ファランのパッシブバフ、ファランの捨て身バフ、セトの重ねがけを見る機会が非常に増える気がする。
どうせ、ドルイドを雇用できる人はみんなやるだろう。
ドルイドを雇用できない人はかなり多いと思うので、ドルイドを使わない戦法もそれなりの速度で進化していくはずだ。
ドルイド対策、特に猛獣の霊スキルへの対策は割かし早めにうたれることになるだろう。

「ドルイドバフ対策なんてもうできてるよ。
 スパの咆哮をドルイドのバフより先に掛ければいいんだ!」
暇な僕は、予想できるこんな意見への返事をあらかじめいちいち書いておくんだ。
"2ターン目に加護、4ターン目にドルイドバフ"。
↑これが定石になると思います。
咆哮をかける前に加護されると思います。

「加護を書で消して咆哮をかけたらいいじゃないか!」
上手く書が決まっても咆哮はまた加護で消されるだろうね プッ

「コンボ後の怒った霊は咆哮に反応しないんでしょ?」
たぶんそう。
あ、それいいね。
というわけで、かなりのリスク込みでドルイドバフへの対策できますね。

ドルイドバフには咆哮を2回重ねる(※要実験)
クールを溜めておいて、短い間隔で2回撃つのがポイントだな!

それから、すでに対策が出来上がっているのは過去に流行った"セトの意思"。
魔女の精神の罠、略奪+退魔の炎上、パガニーニの眠りで1匹止めるのもかなり有効に働くはずだ。
混乱の砲撃や破滅音も、かなり地味だが少しくらいは効果がありそうだ。
セトを掛ける側はこれらになんとか対処したい。
精神の罠は加護で消せるからまったく問題ない。
問題なのはセトの意思を掛けたあとからでもできるセトへの対策、MP攻撃と眠りだ。
近距離よりかはMPの多い遠距離にセト、魔力付与でMP回復、瞬発力をあげないのは惜しいが指輪で知力底上げ、バフ後上下に移動させて略奪の範囲内に全員を入れないようにする。
MP攻撃への抵抗はこのくらいが限界か?
眠りへはどう抵抗すればいいのか、これといって良い方法を思いつかない。

上記したとおり、セトには対抗策がかなりあるので、猛獣の霊+セトが流行る時期はそれほど長く続かない。
何か秘策を持っていないなら、セトのために神官を育てることはしないほうがいい。
どうでもいいけど、そういえば神官2人雇用できるようになってたね。

↓その時のテンプレ構成はこんな感じかしら?

僧 魔 神
発 イエ 卑
闘 退 ド

僧侶、神官、ドルイド、魔女あたりはかなりよく見るだろうなぁ。
あとは通常攻撃担当がドルイドバフとセトのかかったイエニチェリと発明家ってな具合か。
そういえばイエニチェリも2人雇用できたね。
イエの狙撃は何気に連打UPと相性いいと思うんだ。
発明削ってイエ2もありかな。
でもまぁ、こんなかんじの構成は一時期だけものすごく流行って急にさめていくと思うよ。

セト+ドルイドの流行が終わったら次は、流行の辿ってきた道を見ると大体予想できるよ。
セト対策に魔女入れたり、セト戦法にドルイド入れたり神官入れたりすると、しわ寄せが他のメンバーに来るよね。
何かキャラを削るときに、「前衛のアレとコレは外せないから後ろのこいつを外そう」なんてのは充分起こりうると思うんだ。
また、ほんの一時期、一部の人が1僧に戻したりして試行錯誤するんだと思う。
そこで、「あー やっぱり状態異状対策も外せないな」ってな分かりきってた反省をするんだと思うよ。
で、結局、神官を外すことになったりしてねw(普通にあることだと思う)

冷静に見つめなおすと、攻めのパターンが増えただけ。
もうちょっと言うと、咆哮に強くなっただけ。
だからまだ、以前と同様のスタン戦法もできるし、このまましばらくの主流がこれだと思う。
状態異状への対策は、当然必要だ。
ドルイド登用によって変わる部分は、スタン要員にドルバフが掛かるってことくらいで、基本的には今までどおりのままだろう。
あとはセトの名残が多かれ少なかれいると思うので、魔女や楽師を入れたり入れなかったり・・・と、そんなところで落ち着くだろう。

そしたら次はそれに姫を加えたのが少しだけ流行るかな。
いや、それはないかな?
でもって、ドルイド人気はそれほど盛り上がらないと思うな。
僧侶のように必須キャラと呼ばれるほどまでには到底いけそうもないよ。

僕は初めっからセトには目もくれない。
ドルイドバフはセトと合わせずに使うつもりだ。
セトと合わせなければ爆発力はないけど、防がれにくく、地味でも安定した火力になってくれるんじゃないかな。

だがしかし、僕の友達がこんなことを言った。
「攻撃力ダウン特化PTを作ってるんだ」
ウホッ なんと言う先読み。
たぶん、思いつきでやったんだと思うんだけど、僕の構成のアンチになりそうな予感。
恐ろしい子。

ふぅ、ここ一ヶ月ほどたまにネカフェいく程度だったから、全然情報がないわ。
暇で暇で、考える時間が充分取れた。
おかげでメモ帳がビッシリ埋まったよ。
キャラが動かない期間もったいないから、ちょうど飽きてたのもあって界音の傭兵も全部独立させたし・・・
もし、この一ヶ月の休息がなかったら、いまだに界音で超速lv上げしてると思います。
1ヶ月、界電、界音合わせて20傭兵独立、6日周期で贈り物が20個届くから1ヶ月で贈り物100個だね。
有効度1になってるだろうから期待はしてない。

|

« 何度も言うけど、崩れ落ちたスタン構成 | トップページ | そういう僕はこんな構成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 純粋な火力勝負~流行の推測:

« 何度も言うけど、崩れ落ちたスタン構成 | トップページ | そういう僕はこんな構成 »