« 製作状況報告_8/16 | トップページ | 製作状況報告_8/22 »

目新しさは評価される?

ウディコン作品で遊びまくってました。
タイトルの感想はまた今度書くとして、ちょっと思ったことを・・・

この前のウディフェスのときも言ったけど、斬新なシステムって慣れるまでが大変だね。
やっぱり慣れ親しんだ基本システムが良いわ。
序盤にシステムでつまづいたら、たぶんその時点で辞めてるもの。

交流会で話してても分かったんだが、どうやら俺はゲームの辞め時が早すぎるらしい。
操作性が極端に悪かったり操作説明がやたら長かったらその時点で辞めるし、画面がゴチャゴチャしていて分かりにくいのもたぶん最期まで続かない。
開始10分で物語りにひきつけられなかったら大体辞めるし、キャラの台詞回しが気に入らなかったらその後しばらく読んでたぶん辞めてる。
雑魚戦が面倒だなと感じたらいつの間にか辞めてるし、序盤でゲームオーバーになったら間違いなく即辞める。
出展されているRPGには大体手を着けたが、そんな俺でもクリアまで進めた作品が4つあった。

ウディコン作品の評価もぼちぼちつけていっているんだけど、評価をつける時に『目新しさを感じた』とか『自分にとって斬新だった』とか変なコメントがついてるんだ。
「目新しさ」を重視してない自分にとっては邪魔で仕方がない。
むしろ目新しいものは「面倒くさそう」と敬遠する。

――――――――――――――――――――――――――――――

で、よく夢現とかで作品のレビューを見てても思うんだ。
「オリジナリティ」っていう評価項目がるんだよね。
けど、「オリジナル」であること自体は、他との調和が取れて、初めて評価される部分だと思うから、項目分けして評価されるべきじゃないと思うんだよな。
例えば、独自の戦闘システムを考案し、RPGに取り込んでみたとする。
そしたら、それに合わせて、モンスターやら、技能やら、装備やらを調整する必要があるでしょ?
それらの機能が上手く調和して面白い戦闘になったなら、そこで初めて独自の戦闘システムが評価されるものなんじゃないかなぁ
要は、「面白くなかったら話にならん」ってことですよ。評価は面白さに比例するのが妥当だと思う。
グラフィックにしても、BGMにしてもそうだと思うな。
「オリジナル」は面白くするための手段であって、それが効果的に使われていれば面白くなった分だけ評価を上げ、「オリジナル」だからといって「総評」に特別な加点をする気はない。
「オリジナリティ」の項目には加点するかもしれないが、その加点に意味はないと思ってる。

それともう一つ、「オリジナル」の話をするなら「飽きる」という感情にも触れなくてはと思ったので少し。
『よく見る絵、よく聞くBGMでうんざり』なんて経験された方も居る様で、レビューにもそういったことが書かれているのをしばしば見る。
こんな考え方の俺だから、もちろん俺の作品にもそういったレビューはつく。
こういうときに「オリジナル」は効果を発揮するのかもしれない。
プレイした人を楽しませるのも目的に含まれているなら、「飽きたから面白くない」という評価も目的に沿った感想なので、これはこれでその人からの評価として受け止めるべきだと思う。

この「飽きた」という感情は、プレイした人が何に興味を持っているかによって大きく変わるため対処も難しい。
例えばBGMに興味を持っているなら「このゲームではどんなBGMが使われているのだろう」と意識はしなくとも、軽く期待を持ってプレイしている。
そのため、BGMに対しての知識の吸収や、記憶に残る量も多いし、BGMに対しては評価のハードルも上がる。
俺の場合は、物語、台詞回し、戦闘システムあたりに興味があるから、その辺に関しては評価もうるさいが、逆に、絵に関しては寛容な方だと思う。
例えば「ダンジョン探索系」「クエスト遂行が物語のメイン」「イベントでお使い」これらのことを正直、良く思っていない。「飽きた」とは別の感情だが、それに近いものだろうなーと思う。
逆に、絵やBGMで見慣れたものや聞き慣れたものがあるとちょっと嬉しくなる。

ここまで書いてみたが、「オリジナリティ」の項目にはどういった評価をするのが妥当だろう。
これは「オリジナリティ」に限った話ではないが、他とうまく調和し、ゲームを面白くする要素として機能しているならば評価したいと思う。
だが、「オリジナリティ」然り、「サウンド」「システム」などの項目は、評価項目と言うよりかはプレイ感想の詳細であってコメントに付随するべき内容だと思ってる。
面白かったかどうか」評価項目はこの一点だけで良い。
おそらく、夢現管理人もそういった考えで各ゲームの「平均評価」には「総評」の平均評価が算出されるように設定しているのだと思う。
「平均評価」には「オリジナリティ」や「サウンド」といった他の項目点は影響していない。
また、「飽きた」という感情によって面白くないと感じてしまったのなら、面白くないのは事実として受け止めつつも、それによって減点するか否かは考えどころ。
純粋にゲームとしての評価が好ましいと思っている。

|

« 製作状況報告_8/16 | トップページ | 製作状況報告_8/22 »

コメント

まさに仰る通りだと思います。
私の場合、フリーゲームをプレイする際には新しくなくとも触発されるような価値観を受けたいとは思いますが、それが立ち絵などの画像単体にくることはまずないです。上手な絵が見たいのであればそういうサイトに行けばいいわけですし。。。むしろ、マップやエフェクトによる雰囲気の演出や音楽同士の組み合わせに感心することの方が多いです。
10分ってわかめ太郎さんのクリアにしましたよりも早そうですね。早いほうが精神衛生的に良いと思います。第一印象が払拭される例はそうそうありませんので。。。

投稿: アトリエそらくじら | 2012年8月23日 (木) 15時53分

アトリエそらくじらさんもそう思われますか!
俺も素材を活かすも殺すも作者次第って思います。
触発といえば、古い作品になりますが、ダンジョンシーカーからは大いに触発されました。
マップ構成や、各ギミック、演出、BGM、効果音が一つの雰囲気にぴったりと重なっていてゲーム世界に入り込むのに抵抗がほとんどなかったです。
あれに触発され今回マップ製作を頑張ろうと思いました!
・・・が、半ば崩壊気味です(v^ー゜)
アトリエそらくじらHPのお勧めウディタ作品にも書かれてありましたよね。
ダンジョンシーカーいいですよね~

はい、俺は10分以内に辞めることが多いですw
他の方からの意見で分かったことなのですが、物語の面白みに触れる前に辞めてしまったことが多々あるようで、辞めるのが早いが故に若干勿体無い事をしているかもしれません。
ただ、序盤にキャラメイクがあった場合は「最強キャラにしてみせる」とか思ったりして、もうちょっと長く遊んでるとは思います。
周りの評判の後押しもあり、めぐめぐは3時間ほど遊びましたし・・・
でも、やっぱり興味を引く物語と言うか、続きを気にさせる何かがないと長くは続かないかなぁ・・・と思います。

投稿: 界道(kaidenn) | 2012年8月23日 (木) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目新しさは評価される?:

« 製作状況報告_8/16 | トップページ | 製作状況報告_8/22 »