« また過大評価か | トップページ | 十中八九予想通り »

ウディコンゲームプレイ感想

今回は面白かったものだけでなく、プレイしたもの全部の感想を書いた。
かなり酷い書き方だと思うけど、正直に書いたらこうなった。
プレイ時間に応じた感想になっているかと思う。

■プレイ作品
【2】『名無き旅路
【3】『しんせーなる世界にちょうせんっ! その3
【4】『百万迷宮
【5】『TWINGATE
【7】『輪廻転生 Rein Carnation
【9】『Princess Saviour
【10】『地底Aの財宝
【11】『アストロラーベ
【12】『Wish Spring
【16】『闇遊び
【23】『ぼくは勇者じゃないよ
【34】『ダンジョンズ・オブ・アドヴェンチャラーズ!
【37】『アーマードエンフォーサーズ
【38】『暗闇の迷宮
【41】『MOONCHILD
【44】『ウルファール飛ばし
【52】『魔獣の塔
【58】『戦友(ともだち)100人できるかな?
【68】『Darkness_Wyvern
【74】『CAPTCHA

―――――――――――――――――――――――
【2】『名無き旅路
プレイ時間:10分
OPが無く、いきなり始まり、操作説明も皆無。
一歩進むごとに細かいイベントが起こるのだが、淡々とした印象。

【3】『しんせーなる世界にちょうせんっ! その3
プレイ時間:5分
絵に嫌悪感を持ち、早く切った記憶がある。
指が小さい子の描いたフォークみたいだったのが印象に残っている。

【4】『百万迷宮
プレイ時間:30時間(クリア)
テストプレイヤーで参加したから長めのプレイ。
斜め移動無しと、Cキーの高速化が使いづらく、操作に慣れるまでかなり苦痛。
ちなみに、体験版プレイ時は2階層突入あたりで辞めた。
テキストは上手いのだが、演出や動作は大人しく、躍動感が無いのが残念。
ストーリーは無難にまとまっていて安定していたが、ダンジョンをひたすら潜るだけという繰り返しはすぐに飽きた。
各層のボスもやはり演出は控えめで盛り上がりに欠ける。

【5】『TWINGATE
プレイ時間:20分
キャラクリエイトが俺の絶頂だった。
初ダンジョンにて、モンスターが若干強めであることを確認し、早々にプレイ放棄してしまった。
キャラクリエイトは凝っていたなー

【7】『輪廻転生 Rein Carnation
プレイ時間:10分
自由に移動可能になった際、指示を無視しセントラル酒場に行くとバグでイベントが飛ばされた様子。
初戦が何だか強そうなやつとの対決になって即死。
やるおの喋り方が好きなので、そこそこ楽しめた。

【9】『Princess Saviour
プレイ時間:20分
会話が長くわずらわしいので決定キー連打でぶっ飛ばすと、ジャンプキーの操作説明を見逃してしまい早々に詰んだ。
再挑戦し、今度はちゃんと読み、山を登る。
最初の戦闘にて、説明が大量に表示され、かなりげんなり。
画面がゴチャゴチャしていて見難いのもマイナス。
豪快に読み飛ばし、適当に攻撃して先に進めるも、2回目のゴリラ戦でも戦闘説明が入ったので面倒になり辞めた。

【10】『地底Aの財宝
プレイ時間:20分
PT編成の自由度が高く、戦う前の準備を楽しめる作品だと直感した。
やりこみ要素は大いに感じたが、1階層クリアし若干飽き、辞めた。
物語はあるのだろうか?

【11】『アストロラーベ
プレイ時間:1.5時間
序盤のコミカルな展開や、主人公のキャラは好み。
イベント数がかなり少なく、ダンジョン探索と戦闘がプレイの大部分を占めていたと思う。
2つ目のダンジョンのボスを倒したところで「確かこれをあと4回繰り返すんだよな。面倒くさい」と思い、中断。

【12】『Wish Spring
プレイ時間:10分
まず、足跡のつき方が不自然だったのに違和感を覚えた。
その後、物語を無視し、フィールド上をうろつくと死神っぽいのに襲われて即死したので、そこでやめた。

【16】『闇遊び
プレイ時間:10分
OPもなく、いきなり始まる。作者コメントにもあったが本当に何もない。
そこそこ歩いて辞めました。

【23】『ぼくは勇者じゃないよ
プレイ時間:1時間
村での楽しい時間から始まり、村の崩壊へと展開する。
この時点で軽く感情を揺さぶることに成功していると思う。
主人公が勇者になるまでの展開は良かったが、その後の案内がやや不親切に感じた。
進む先を探しうろうろしながら洞窟を抜けるも、その辺の人が話していたとおり、洞窟を抜けた先のモンスターが強く、全滅。
序盤の展開の上手さや、主人公が徐々に強くなっていく楽しみはあったが、先への進み難さから1時間ほどで辞めた。

【34】『ダンジョンズ・オブ・アドヴェンチャラーズ!
プレイ時間:12時間(クリア)
これは面白かった!エロイ!
町の人、一人一人が生き生きとしていて、非常に快活な雰囲気があり、遊び心も満載。
細かいところを探しては、作者の遊び心に触れることが出来た。
最強の羊が何故か妙にかわいく感じる。
戦闘面ではテンションゲージのおかげで回復をあまり気にせず戦うことが出来、豊富なクラスのおかげで戦略を練る楽しみもある。

【37】『アーマードエンフォーサーズ
プレイ時間:3時間(クリア)
登場キャラそれぞれが根拠のある考え方をしており、一貫してぶれない物語が展開されていった。
途中に挟まれる通販や、小芝居みたいなのがかなりツボで、各章の始まりを楽しみながらプレイできた。
戦闘面ではカスタマイズ性に富んでいて、独自の機体を作り上げる楽しみがあった。

【38】『暗闇の迷宮
プレイ時間:9時間(クリア)
キャラもそうだが、特に背景が上手いなーと感心。
操作性は悪く、全てマウスのみで行えるように作られているが、動かしにくい。
ダンジョン移動は特に操作しづらく、左手で十字キー、右手でマウス・・・という独特の操作方が一番やりやすかった。
PT編成や、育成の自由度が高く、好みのPTが作れるのでその辺は特に面白かったのだが、戦闘バランスがキャラ編成の自由度をぶち壊していた感は否めない。
実際のところ、攻撃素早さを高めにしているとなんとでもなる。

【41】『MOONCHILD
プレイ時間:15分
確か read me に洞窟に入ったら兵士に話しかけよう的なことが書かれてあったと思う。
やりながら思ったが、これは read me 読んでいないとまず気がつかないだろうな。
最初の洞窟を抜けて、町に帰らずに城に行ってみると、何かお姫様が出てきて訳の分からない展開になったので辞めた。

【44】『ウルファール飛ばし
プレイ時間:20分
重力加速度とか久々に見た。高校物理を思い出した。
色んな設定を試し、物理の実験を楽しんだような感じ。

【52】『魔獣の塔
プレイ時間:10分
3Dダンジョンが嫌いなので早く切ってしまった。
別に何か問題が目に付いたわけではない。

【58】『戦友(ともだち)100人できるかな?
プレイ時間:10分(クリア)
評判が良かったのでプレイしてみたが、特に面白いとは思わなかった。
短かったのでクリアできた。

【68】『Darkness_Wyvern
プレイ時間:1時間(クリア)
製作の粗を探すのが面白かったから1時間続いた。
説明は分かりにくいし、色々不明点があるし、台詞は不自然だし、敵は同じ動作しかしないし、ゲームとしてはあんまり面白くなかった。

【74】『CAPTCHA
プレイ時間:4時間(クリア)
雰囲気が良い。
育成や編成の自由度はほとんどないが、物語を進めて行く過程でゲーム世界について理解して行くのが面白い。
町のネオン掲示板や、ラスボスの演出なんかも良い味出していたと思う。
これから先も続きそうな〆だったが、その辺はプレイヤーの想像に任せるといったところだろうか。
想像するための材料は充分与えられているので、この〆でも納得。

―――――――――――――――――――――――――

さすがコンテスト。レベルが高いわー。
面白くてクリアまで進んだのが4つもあるわ。
以下、個別プレイ感想とは別の感想。

■規約について
ところで、悠遠物語、やたら評判が高いんだがあれは上位に来て欲しくないわ。
規約違反の疑いがあるらしいじゃないの。
悠遠物語だけじゃない。TWINGATEもそうらしいの?そういう噂が2ちゃんで流れてるね。
BBS張り付いてみてるわけじゃないし、詳しいことは知らんが、悠遠物語は要素が半分しか詰まっていないらしいことを本人のブログで確認したから、これはプレイしなかった。

まず一つ目。完成作品でないことの疑い。
完成か否かの判断は基本的に作者に委ねられていると思う。

作者が「完成だ」といえば基本的にそれが完成品。
後から修正されようが、リメイクが出されようが、作者が「完成品だ」と言ったその時点では完成品扱いして構わないとは思う。
が、要素を半分しか詰め込んでいなく、これからさらに作りこむ意思を明らかにしておきながら「完成」というのは矛盾がある。
そもそも、完成の語意は
『完全に出来上がること。すっかり仕上げること。(Yahoo国語辞書)』だからだ。
作者は「まだ完全ではない」「これからさらに作りこみます」と公言しておきながら「完成だ」と言っているんだ。
こんなのを完成と認めるのは国語が出来ないか理屈のわかっていない馬鹿だ。

二つ目。進行不能以外のバグ修正の疑い。
これは
TWINGATEもだそうだ。
正直言って、規約が良くないと思う。
規約を破っても、規約違反を証明するのは相当難しくないだろうか?
線引きのきちんと出来ていない規約は無駄な論争を作る。
4回も続いているコンテストに今更言うが、配慮が足りないわ。
しかし、ダメな規約でも、規約としてある以上、参加者はそれを踏まえて参加しているんでしょう?
そしたらそれを守る姿勢は最低でも見せておかないと、参加者として見なせないな。
もし規約を破りたいなら、規約についての意見を運営に送るのが先だよな。
まぁ、規約違反の決定的な証拠を掴んでいるわけでもないので、評価には反映させていないけどね。

■絵について
今回絵で久々に感心した。滅多にないよ!!
暗闇の迷宮の城の背景、上手くかけてるなー
俺は上手いだけの絵ではゲームの評価を上げません!
でも、この絵は効果的に使われていると思ったから加点した。

ところで、絵を描くときなんだが、どんなことを想像しながら描くだろう?
もし、凶暴なモンスターを書きたかったとする。
そのモンスターは雄たけびを上げている。

目の前の敵に威嚇しているのか?餌を見つけ歓喜しているのか?異性を見つけ興奮しているのか?
そのモンスターは手を振り上げている。
殴りかかるために振りかぶっているのか?脇の下が蒸れていたのか?肩が凝ったから腕を回したいのか?自分の背を高く見せ威嚇しているのか?
単に凶暴なモンスターを描くにしても、その背景には作者の色々な想像が織り交ぜてある。
絵には作者の意図が含まれていて、技術のある作者はそれを伝えることが出来る。
俺らは絵を見て作者の意図を汲み取ることが出来る。絵から何かを想像することが出来る。
その想像が、ゲームの世界で言わんとしていることにぴったりと当てはまるものなら、プレイヤーは絵を見て感心するはずだ。
もし、食い違いがあるなら違和感を覚えるはずだ。

俺がこのゲームをプレイしている際、絵で見たの城の印象は「ボロイ、暗い、まともに修理もされてなさそう、劣勢、絶望、永遠と続きそう」そんな感じ。
BGMもそんな感じで暗い印象。
ストーリーも人間に攻め込まれ、絶滅するか否かといった状況。
雰囲気がぴったりと重なってるのよ。
「この瞬間、いい味出てるなぁ」と思ったわ。
絵師っていうと、キャラ描いてる人が多い印象があるけど、背景も重要だよ。
とりあえず、OPでの城の絵はバッチリ合っていたと思う。

■演出について
テキストでは臨場感はないということを改めて確認できた。
絵や動作、音での表現の重要さを改めて痛感。
テキストは書き方に関わらずいつも過去形扱いになってしまい、臨場感がない。
テキストは読んで理解するという過程が必要になってくるからだ。
例えば『彼は走っているところです』という文章を読んだ瞬間、その彼は今も走り続けているだろうが、理解するためにはコンマ数秒の時間がかかるし、ましてや同時に3,4行表示されれば読むのに数秒かかる。それに、言葉を理解する過程の中で、受け取る情報(印象)にはかなりの修正がかかる。
絵なら若干の修正は受けるが、
目で見た情報がすぐに脳に届く。
これがテキストとの差。
考えるんじゃない、感じるんだ。

■説明の難しさ
良作と評判だったプリンセスセイバー、その他雰囲気の良さそうだったRPG諸々にて再確認。
まず、文字を読むのはだるいということを再認識できた。
文字を読ませるために必要なモチベーションは、どうやらかなり高いらしい。
物語の見せ場に到達する前に文字での説明をするのは避け、先に物語に惹きつけるのが有効そうだ。
物語に惹きつけた後、徐々にシステムを開放して行くといった形がやり易いのかもしれない。
また、チュートリアルにも小芝居というか、何かしらの物語をつけて文字を読みたくさせる工夫があれば良かったのだろうなー
仕様把握させなければ戦闘システムの魅力も伝わらないだろうし、
説明不足故に遊ぶ気が起こらなかった作品は毎年かなり多いし、今年もやっぱり多かった。
結構勿体無いことしてると思う。
って、そんなにすぐに投げるプレイヤーばっかりじゃないよな。

|

« また過大評価か | トップページ | 十中八九予想通り »

コメント

それ程詳しいと、参考にしたくなります。
確かに規約は線引き難しいですね。
ホントいい点でも、悪い点でも私の心に響きました。
もしかしたら、私も当てはまってるんじゃないかっていう点があったので。
絵の方はもう諦めてます。統一できる技量が無い・・・。
演出と説明のむずかしさは私にも当てはまる。
この二つは力を入れていきたいですね・・・。

そうそう。忘れていた。
ウディコンでスカイドライブを使ってる方いたんだけど
DLできなかったよ。
そちらもDLできなかったのあります?

投稿: 味噌煮込みパン@希望の羽 | 2012年8月31日 (金) 17時39分

それほど詳しいってどれのことだろう?
規約の線引きが難しいのかどうかと言われれば、まぁ難しくないと思うけど、今の規約は線引きがはっきりしてないよね。
プレイヤーはバグが無いものを遊びたいから修正はして欲しいと言う。
しかし、コンテストということもあり、期間内で作品の質が変わるのは避けたい。
今の規約は、"一部修正を認める"となっており、双方の間に位置してるよね。
規約の線というか、規約の基準の時点でもう既に危ういと思うんだ。
一体何を基準にして規約を作ってるんだろうね。
ウディコンはプレイヤーに楽んでもらうことを重視してるのか?審査を重視してるのか?この規約だけ見ると、目的を見失っているように思える。

スカイドライブはよく知りませんがな。
とりあえず記事に書いてる作品は問題なくダウンロードできたよ。

投稿: 界道(kaidenn) | 2012年9月 1日 (土) 04時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウディコンゲームプレイ感想:

« また過大評価か | トップページ | 十中八九予想通り »