« 製作状況報告_8/10 | トップページ | 交流会第3回目 »

戦闘時の特徴づけ

ぐんぐん成長するHPで頼りになる壁役ナイト!
回復のスペシャリスト僧侶!
状態異常を自在に操る幻術使い!
トリッキーな技で敵を翻弄するなんか適当!
色々タイプがあり好きなPTを編成できるぞ!!!
でも、最終的には火力キャラだけでいいことが多い気がします( ´∀`)ノ

それもそのはず、雑魚戦は何度も行わなければならない作業だから、これの短縮がプレイを快適にする上で結構重要だったりする。
これは作る側も、遊ぶ側も考えることなのです!

「雑魚戦はさくっと終わるようにしよう」
と作れば、火力キャラの全体攻撃1発で終わるような戦闘にもなるだろうし、
「それぞれの職を活かすような戦闘にしよう」
と作れば、回復職や、盾役を活かす為に敵に攻撃の機会を与えなくてはならず、結果、戦闘が長引くことになる。
サクサク戦闘と、それぞれの職が活きるような戦闘、これらは両立できないのか/(^o^)\
・・・と考えていた時期が俺にもあった。
もう、面倒だからあんまり考えずにサクサクを優先にしてた。

だけど、ちょっといいこと閃きましたよ(v^ー゜)
攻撃パターンを多様にすれば良いんだね。
期待してた人ごめんなさい。それだけです(v^ー゜)

ちょっと説明。
まず、遊ぶ側も楽をしようと考える。
これはゲームに限った話ではない。
普通は10の労力で行う物事に対して工夫を加え、5の労力で終えられるように出来たとしたら、5の労力で終えられた人は「俺って頭良い!」と調子に乗るだろう。
これは有能感を刺激され、快感を感じている状態。
快感の度合いは楽できた度合いによって大きく変化する。
もう、言わんとしてること分かるよね。そういうことです。

ちょっと具体例出すよ。
PT編成の自由度が高ければ、戦闘を楽に終わらせれるPTを考える人はかなり多いと思う。
そこでもし、下記の中から4人選べって言われたら・・・・・

・物理攻撃が強い戦士
・防御に特化した騎士
・能力は平均的で、回復の使える僧侶
・打たれ弱いがMPを消費して強力な攻撃が出来る魔法使い
・敵に様々な状態異常を付与する幻術使い
・探索に役立つ技がある盗賊

俺なら戦士4人か戦士3僧侶1を連れて行く。
魔法使いも少し魅力があり迷うかもしれないが、騎士と盗賊と幻術使いはたぶん連れて行かないだろう。
このように、様々な職を準備しているにも関わらず、楽をするために単純化されてしまうことは非常に多い。
じゃあ、切り捨てにくい部分の幅を広げてみるといいんじゃないか、というのが今回思ったこと。
そう、火力関連(火力職)の幅を広げようってことね。
状態異常の設定をうまいことすれば攻撃パターンはぐーんと広がると思うんだ!
まぁ、もちろん他にも装備とか、lvの上がりやすさとか色々。

で、もう一つ。
上で、楽をするための一工夫が成功すると快感を得ると話した。
もちろん、楽できた部分が大きいほど大きな快感を得る。
10の労力を5に短縮する工夫に成功したときよりも、
50の労力を5に短縮する工夫に成功したほうが快感は大きい。
その辺もね、なんかうまいことできれば良いなーと思いますよ。ハイ

で、軽く「ヴァリキリー&デーモン」で試してみたことがありまして。
まず、脳内でイメージして欲しい。
PTメンバーのタフな人は、仲間を守るため、常に一歩前に出て戦っているんだ・・・・。
そう、「敵AI」の設定によって、敵の攻撃対象を例外なく「現HPの高いキャラ」にしてみた。
これによって壁役を1入れた際のメリットが跳ね上がり、PT編成に一考の余地が生まれると考えた。
でも、敵AIについてゲーム内で説明とかしてないし、戦闘バランスが大味すぎるし、そもそもPT編成できないから結局よく分かんないけどね。
細かいこと言うと、召喚順はゴーレム⇒リッチ⇒タイタン⇒ハーピーが楽だった。
小さな快感。

|

« 製作状況報告_8/10 | トップページ | 交流会第3回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦闘時の特徴づけ:

« 製作状況報告_8/10 | トップページ | 交流会第3回目 »