« 疑い深いフレへ | トップページ | ぼちぼち製作始めました »

kaidenn先生の相談室

好きってなんですかーーーー!?・・・って聞かれた。
てか、よく聞かれる。
もちろん異性のことよ。

まぁ、よく思うのは、「興味がある」と「好き」の区別があいまいなまま「好き」って単語を使ってるケースが多いことかな。

例えば、分かりやすく身近な“物”で考えるが、Aさんはみかんが好きだとする。
さらに、Aさんはグレープフルーツを知らないとする。
その状況で、Aさんの目の前にグレープフルーツを置いてみたとしよう。
Aさんはみかんによく似た物体に対して「食えるのかな?」「これもおいしいのかな?」等と疑問を抱くに違いない。
物体の存在を認識した後、こちらから色々と推測や想像を行ってしまわずには居られない。
これが「興味がある」という状態。

空腹状態のAさんの前にみかんを置いたとする。
グレープフルーツを置いたときとは違い、疑問を抱かずにみかんを食べるだろう。
なぜなら、みかんがおいしいことを知っているからだ。
物事を知っている上で、その行為に快感を覚えるならば、それが「好き」という状態。

ただ、上の考え方はあくまでも行為に対しての考え方であって、物事それ自体を好きかどうかを言うには不十分。
Aさんは“みかんを食べる”のが好きであって、“みかんを見る”“みかんでキャッチボールをする”のが好きなわけではない。
最初にも書いたが、聞かれるのは異性のこと。
「特定の異性のことを本当に好きなのか自分の気持ちが分からない。教えてほしい。」という意味合いだ。

知るか、自分で考えろ!o(*^▽^*)o


|

« 疑い深いフレへ | トップページ | ぼちぼち製作始めました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151568/58614924

この記事へのトラックバック一覧です: kaidenn先生の相談室:

« 疑い深いフレへ | トップページ | ぼちぼち製作始めました »