« 銃ヒとは一体 | トップページ | フィギアヘッズ僚機考察1 »

地獄の戒め日記

みんな久しぶり!
今日は、スカイプで女の子と1:1で会う約束をして実際に会ってきたからそれの回顧録だ!
いやー 面白かった^^

会ってから1時間程度の間はな!

おっと、最初に断っておくがありがちな写メ詐欺ってやつには会わなかったぞ。
写真そのまんまの子が来たわ。
ふつーの子で、ふつーに可愛かった。
俺の方はビデオで容姿は見せてあるから、見た目云々の部分は何も問題なしだ。
ってか、昨夜に通話3時間程度しただけで会いましょうって運びになるとは、通話でよっぽど気にいられていたと見える。
会った直後の感触もとても良かった。
歩いてる時なんかは「おいおい、肩がくっつくやないか」なんてね、思うほど寄って来てびっくりしたね。
帰るときは50cmくらいは空間あったかな。
向かいから人が来たら間を通すことが出来るね。(遠い目)
 
以下、行動順に沿って記載。
まず、事前に約束しておいたカフェに向かいます。
途中、サウジアラビア系の女性に彼女が紙を渡されて立ち止まる。
横から俺もその紙を見る。
紙には「貧しい子に募金してー云々」みたいなのが書かれてたけど、俺が「スイマセン」と断ってさっと去る。
普通だったら優しさアピールしたくなるじゃないですかー
絶好のチャンスじゃないですかー
でも、募金嫌いな精神がここで反射的に出ちゃったよねw
募金するならお金欲しい理由とか、声張り上げるとかだけじゃ駄目だよ。
金の行方を事細かに記して明確にしておくとかしてもらわないと。
こっちは出した金がどのように扱われるのか、見ず知らずの人を信用し出さなければならないわけだから、信用に足る何かを見せて欲しいよね。
例えば、「中国の貧しい人苦しんでる。募金してー」といわれて金を出してみたら、その金が対日本用の軍事資金に使われる可能性もあるじゃん!
うん。横道にそれた。
まぁ、でも、募金断ったのは意外と何ともなかったみたい。
 
カフェに着きます。
とりあえず、お嬢さんは奥に座りなさい。どーぞどーぞ。
注文を決めよう。あれ、机にメニューないぞ?
「すいませーん。メニューないですか? あ、カウンターで頼む方式なんですね失礼しました」っていう一連のお恥ずかしいやり取りをして、適当にドリンクを頼む。
で、席でぺちゃくちゃ。
適当に話して場を繋ぐ程度なら意外と余裕。
適当なジョーク飛ばしておけば軽い笑いぐらいなら何てことないんだけど、いかんせんここは自宅でやるスカイプと違ってカフェの中。
軽いジョークって一歩間違えれば幼稚に見えたりもするよね。
俺はあんま気にしてなかったけど、彼女は周りの目を気にしてたかもしれん。
あと、モンストに嵌ってるらしいので話題を合わせたけど、俺ほとんど知らんから結構苦しかった…w
 
1時間程経ちます。
時刻は20:30。
彼女から「いつの間にかもう8時半になってました(笑)」と。
昨夜の話では「門限があるので頑張っても9時前には家に帰っておかないといけない」との情報を貰っていたので、この時点で普通慌てるべき。
ところが、彼女落ち着いた様子だし、「帰ろう」と切り出してこないし、楽しいからもうちょっと話したいし、楽しいからもうちょっと話したいし、楽しいからもうちょっと話したいし・・・
試しに、門限の話題に軽く触れてみたけど「ほんとにヤバイの~」みたいなニュアンスも出してこない。
「ちょっとやばいかな~?」くらいな弱いニュアンス。
「あれ、このくらいならもうちょっと話せるの? 門限なんて在って無いようなものなんじゃない?」なんて思ってたの。
我慢してたので、ここで私、余裕のトイレへ。「ちょっとトイレいってくるね」
小便済まして帰ってくると、明らかに目が冷たい・・・
あれ・・・?
とりあえず、飲み終わった飲み物のコップ2人分を片してきます。
彼女はすっと席を立ち店外へ。
このとき、鈍感な俺もさすがに違和感を覚える!
 
店外。
帰りながら、「よくこのカラオケ屋に行ってるんですよ」と自分の行動経路を案内してくれる。
会話の流れに乗って「今度カラオケ行こう」と誘うも、反応が悪い!
ナンデヤ!断るのに何でカラオケ紹介した!
気付けば間には50cm程のスペースがっ!
「なにぃっ いつの間にこんなにっ!!」(鈍感過ぎ)
あの時に感じた違和感が確信に変わった。
これはまだぎりぎり親密距離か?
しかし、確実に嫌われつつある!
この時、最重要事項の門限の事は頭からすっぽり抜け落ちて、挽回方法を頭で模索し始める。
恐らくそれで頭の容量いっぱいになってた。
会話に直で悪影響。
嫌な感じの無言が生まれる。
仕事帰りでまだ飯も食ってない弱った体にメンタルアタック!
こいつは効ききますね~
彼女は自転車で来ているので、途中で道が分岐する。
「私は自転車置いてるのでここで右に行きます」
何をとち狂ったか「自転車置き場まで俺も行っていい?」と返す。
お愛想スマイルの後「yes」を頂きました。
これ、最大の失敗o(*^▽^*)o
 
自転車置き場。
自転車に乗るや否や立ち漕ぎ。
あ、そうだ。急いでたんだった。付いて来てゴメンネ!
彼女が早く帰れることを最優先にした行動を取るべきでしたー
馬鹿すぎる。どうかしてるぜっ ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ 
 
▼反省点
カフェ内:彼女からの「もう8時半だ」。
      間違いなく、帰らせろとの意思表示。察しましょう。
店外:早く帰ること(彼女の都合)を最優先しましょう。
    自転車置き場まで付いていくなよな~
全体:会った初日で距離詰めようとしすぎ。
    自転車置き場まで付いていくなよな~
 
▼対応策
「今日は何時まで大丈夫なんだっけ」初っ端に一回聞いて意識付けしておきましょう。
時間は超大切!

|

« 銃ヒとは一体 | トップページ | フィギアヘッズ僚機考察1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151568/69119260

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄の戒め日記:

« 銃ヒとは一体 | トップページ | フィギアヘッズ僚機考察1 »