« 森の進行方法 | トップページ | 筋トレの不思議に納得いく考えを見つけた »

街コン、アプリで上手く行かない理由考察

街コンや出会い系アプリなんかで知り合った人とどうも上手くいかない。
そんな話、よく聞くよね。
実は俺もそうなんだ!
街コンで知り合って色々な人とデートしてみて、何で上手く行かないのかがなんとなーく分かってきたのでその辺を書いてみようと思う。

答えは単純で、"誰だってレベルの高い人と付き合いたい"から。
もう、いきなり身も蓋もないことを言うんだけど、これが真実だ!
自分が「この人いいなー」と思ってたら、相手は物足りなく思ってるし、逆もまた然り。
「この人と付き合うくらいならもうちょっといい相手探そう」どちらかがそんなことを思ってるはずだ。
お互いに同レベルだと上手く行くのかと思いきや、悲しいことに人は他人からの評価よりも自己評価の方が高いのがほとんどだ。
承認欲求は非常に強力で、特に自分が大切だと思っていることに関しては自己評価の方が高くなる。
昭和の漫画っぽい例えでいうと「お前の母ちゃんでべそ」と言われた少年が腹を立てるのは、母を大事に思ってるからだ。
言い方を変えると、母の価値を認めており、母に対する評価が高いからだ。
では、自分が異性として魅力的な人か?という点を考えてほしいのだが、その点で自分の事をどうでもいいと思っている人などほとんど居ないだろう。
誰だって自分が大事で、魅力的な人でありたいと思っている。
ならば、自己評価の方が高くなってしまうのはすごく自然だ。

話を街コン、アプリに戻そう。

アプリでは顔、自己紹介文、箇条書きのステータス。
街コンではそれに追加で実際に話した際の雰囲気でその人の人となりを測れる。
この時測れる相手の実力は誰でもわかる部分だ。
それを自分のレベルと比較検討して、自分よりも上なら喜んでデートに誘うし、ちょっと下くらいでもウマが合いそうなら「一回デートして様子見てみるか」くらいの気持ちでデートする。
実際にデートしてみてその評価が覆ることはほとんどない。
上は上、下は下のままだ。
相手が上なら自分が振られるし、相手が下なら自分が振るし、同レベルでも相手を下に見がちでどちらかが振る。
上手く行かないパターンしかないのですよ!

「ちょっと待て。そういうことなら街コン、アプリに限った話ではなく、どのような出会いでも一緒なのでは?」と、もしかすると思われたかもしれない。
それは確かにそうで、厳密に言うと街コン、アプリに限った話ではなく”効率を求めた出会い”となる。
人が本気でお付き合いするとなったら本質に惹かれる以外にないんじゃないだろうか。
同レベルだとしても相手を下に見がちなのだから、相手自身も価値を自覚していない個所にこちらが価値を見出して評価し、「お互いが相手を自分以上だ」と思わなければ恋愛は始まらないように思う。
本質というのは攻撃されると傷つきやすいものなので、普段あまり露出しない。
まずは信頼を得て心を許してもらわなくてはならない。
人の本質に触れなくてはならないとすると、ちょっと気に入らなかったらすぐ次に行くような効率重視の出会い方をしていて上手く行くはずがなかったんだ。

ではどうすればいいのかも考えてみた。
もしも街コンに行ってデートの約束を取り付けたら、相手の事をイマイチだと思っても多少は大目に見てみて3回くらいはデートしてみよう。
相手がこっちの事を上に見ているなら相手は緊張しているだろう。上手く話せていないかもしれない。その辺は汲んでやろう。
相手がリラックスして話せるようになれば相手の新たな一面が見えてくるかもしれない。
相手が上なら、お付き合いの決断を迫るのは保留しておき、様子見のデートを長引かせよう。
決断を迫る前にまずはこちらの事を知ってもらわなくてはならない。
それと、普段関わっている人たちを大事にしよう。職場仲間やお店の人たち等々。
「あなたが居てくれて助かるよ」って場面はよくよく考えれば山ほどある。感謝の気持ちを忘れない。

|

« 森の進行方法 | トップページ | 筋トレの不思議に納得いく考えを見つけた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森の進行方法 | トップページ | 筋トレの不思議に納得いく考えを見つけた »