« 怒りを考える | トップページ | 有酸素運動で筋肉量減少 »

協調性が高いと怒りをコントロールできない?

怒りと協調性に関して考えたこと。

※科学的な裏付けはないよ!

怒りに関する記事2つ目か。
別にイライラしてるわけではないんだけど、なんとなくふわっと考えてみた。
で、一つ仮説ができた。
協調性が高いほど怒りをコントロールできないのではないか?

ちなみに協調性とは
[名](スル)互いに協力し合うこと。特に、利害立場などの異なるものどうしが協力し合うこと。
だそうです。
これ、聞いた感じ耳障りいいんだけど、折り合いがつかなくてどちらかが折れる必要のある場合はどうまとめるんでしょう?
協調性が低く排他性が高ければ「俺はチーム抜けて一人でやるわ。やりたいようにやりたいし」みたいなことを言えるんでしょうけど、協調性が高いんだったらチームメンバーを一部抜けさせるなんてことはまずないんじゃないの?
協調性って平たくいうと、小学生の時とかによく聞かされた「みんなでやることに意味がある」「人と仲良くするの大事」的な思想のことじゃないかな?
そんな認識で以下続きます^^

前の記事で書いたけども怒りの矛先は常に自分。
共感能力を発揮して、他人のことを自身のように感じ怒りがわくこともあるけど、それも含めて怒りの方向は常に自分に向いている。
過去の自分の行動に対して怒りが向いたとき、その行動が他人の圧力によって行われたものなら、怒りが他人と結びつく。

上司「この仕事お願い」
部下「はい。わかりました」
  …
部下「あ、しまった!今日は見たいテレビ番組があったんだった。くそーー!
   そもそもこの仕事、量多すぎだよ。俺だけじゃなくて他の暇な奴らにも声かけろよ!」

その後、この部下は上司に相談に行くでもなく、ぐちぐちこぼしながら仕事をしました。
みたいな感じ。
この例でいうなら、部下が真に怒りを感じているのは上司に対してではない。

 やすやすと仕事を引き受けてしまった自分の判断。
 この後、見たい番組があって楽しみにしていたのをうっかり忘れていたこと。
 早く帰るための相談を言い出せない自分の意気地なさ。

それらの自分に対して怒りを感じている。
けれども、自分の弱さを認めたくないばかりに、そういった自分とは向き合わず、怒りの原因が他人にあるように認識してしまう。
この例で挙げた、部下の「はい。わかりました」って協調的じゃない?って思うんだよね。
で、しかも「上司のせいでテレビ見れなくなった!」って感じてるとしたら、その怒りはコントロールできないよね。
よく言われることだけども、他人はコントロールできない

上で挙げた、部下の「はい。わかりました」が協調的だと思う理由の説明。
まず結論を言ってしまうと、仕事を引き受けたことを後悔していることから、よく考えずに返事しているように思えるから。
ちょっと長くなるけど嚙み砕いていきます。

超有名な本で「7つの習慣」ってのがあって、その1つ目の習慣には「主体的であること」とあった。
超ザックリ言うと、自分の気持ちをよく観察し、自身の思考を客観的に把握した上で考えて行動をしましょうね。みたいな意味合いだ。
もうちょい詳しく。
人は自分で考えて行動しているつもりでも実はそうではない。
周りに同調しようとしたり、常識に従おうとしたり、本能に従っただけだったり、なんてことがあるからだ。
これらに従っただけの行動は自分で選択した行動ではなく、選択させられた行動だ。
何故なら、他人のせいにできるからだ。

 「あいつがやれって言ったから」
 「みんなそうしてるし」
 「いつもこんな感じでやってるので」
 …などなど

もしも、今やろうとしている行動が何者かに影響を受けて行おうとしているものではないとすると、上記のような言い訳はできるはずがない。
行動の元になった考えは100%オリジナルの自分自身のものだからだ。
本には「主体的とは行動の責任を負うこと」といったような表現もあったように思う。
でもこれ、行動の責任を負うというよりかは、責任を負えるような行動を選びましょうって言った方が意味合い的には正しいと思うんだよね。

ちなみに余談だけど「周りに同調しようとしたり、常識に従おうとしたり、本能に従っただけだったり」ってこれどれもほぼほぼイコールだよなって書いてて思った。
周りと合わせようとするのは、群れから外されたら死んでしまうような時代が長かったため備わった本能なので。
ほら、狩りするにも農業するにも身を守るにも群れの方が効率がいいので、孤独だと大抵飢えなどで死んでたそうですよ。

で、もしも自分で考えずに自動思考的な行動をして、その結果何かの怒りに発展した場合、怒りに発展するまでの道筋をどこかで遮るのは不可能だよね。
だって自動ですもの。
自分で考えないってことは、いつか何者かによって作られた考え、価値観に従ってるってことだよね。
面と向かって人が居るわけではないけども、いつかの他人と協調している態度とはいえないだろうか?
今持っている価値観を疑わない態度ならこうなるよ。
つまり、怒りに発展する過程を自分で制御できない。
怒りをコントロールできない。ってならないかなあ?
逆に、他人と協調しない行動で怒りが発生したとしたら、それはコントロールできるよね。
自分の行動を変えればいいだけなんだから。

|

« 怒りを考える | トップページ | 有酸素運動で筋肉量減少 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怒りを考える | トップページ | 有酸素運動で筋肉量減少 »